現在の閲覧者数:

Gut's Notebook

ぐ~との雑記帳です。日々の生活や趣味の話、その他もろもろ気が付いたことを書いていくます。ってマメに更新できるかなぁ…(大汗)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕込み第2作

21年ぶりの大晦日の雪である。
昼前から降り始めたのだが午後3時過ぎのは10cm以上の積雪が……
あわてて車のタイヤをスタッドレスに交換した。

寒い中暖房をがんがん焚きながら作ったのがこの写真。
豚バラ肉の角煮である。
卓上用のIHヒーターを使って煮込み中だが美味そうでしょう。
肉は近所の肉屋に数日前から『豚バラ1.5Kg脂身少なめ』って予約しておいた。
20041231_1_20080528132555.jpg
煮物の方はカミさん担当でほぼ終了、後は年越しそば用のかき揚げとそばの湯がきのみである。

結局紅白を見(聴き)ながらの作業になってしまった。
スポンサーサイト

正月の準備

ぼちぼちと正月の準備に入っている。
表だっては派手なことはしない予定であるが食べるものくらいは正月の気分を出したいので時間がかかりそうな物から仕込みに入った。
今日明日で準備を終わらせて明日の夜はミカンでも食べながら紅白歌合戦でも見ようと思う。

写真は仕込み第1作栗きんとんです。
20041230_1.jpg

終わったぁ

義父の葬儀も無事に終わりこれからクリスマスと年始の準備を始めねば……
年末のどたばただったので何もしていない。

年賀状は買い貯めておいたのを郵便局に持っていって普通葉書と切手に交換してもらわねば。
年末の急な不幸のために年賀状が使えなくなった場合は無料で同額の切手あるいは葉書と交換してくれるそうな。
書き損じの場合は5円払えば交換してくれるのは知っていたのだが無料は知らなかった。
交換期限は12/28迄だそうだから早速交換して貰いに行かねば。

CT検査

CT検査に行ってきた。
今回は最新(たぶん)形東芝製全身用コンピューター断層撮影装置(Aquilion:アクイリオン)での撮影であった。
19秒の呼吸停止で5mm間隔で肺野を上から下まで一気に38枚の断層撮影してしまう。
また私は撮ったことがないが3次元カラー画像での出力も可能なそうな。
20041221_1.jpg

この機械での撮影は本当に楽である。
検査着すら着用せずにジーンズにトレーナーのままで検査台の上に横になってドーナツ(?)の中に……
ちなみに検査点数は1回1561点であった。
機械本体価格は約14億円だそうな(*_*)

訃報

かねてより入院治療していた義父が亡くなりました。
そろそろ危ないという義兄からの連絡で女房の実家に行っていたのですが病院から連絡があり、急いで駆けつけたのだが臨終に間に合いませんでした。
容態の悪化が急すぎて医師にもほとんど手の打ちようがなかったとのこと。
数日前から昏睡状態になっていたので苦しまずに逝けたのが何よりの幸いだと思っている。

合掌

昨年は自分の父が無くなったため2年続けての年賀欠礼になってしまった。
プリンタも買い換えたのに喪中欠礼葉書の印刷が最初の大仕事になってしまった。

初雪

今シーズン始めての雪である。
朝方から降り始めたのだが雪の質が重く昼になってもうっすらと積もった程度であった。
車で20分くらい山に向かうと4~5cm積もったそうな。
急激に寒くなった。

核医学検査受診

病院で核医学検査を受けてきた。

核医学検査とは
〔RI検査やアイソトープ検査とも呼ばれていて、ごく微量の放射性物質(ラジオアイソトープ:RI)を含む薬を用いて病気を診断する検査です。この微量の放射性薬剤が注射などにより体内に入ると、特定の臓器(骨や腫瘍など)に集まりそこから放射線を発します。この放射線をガンマカメラ(シンチカメラ)と呼ばれる特別なカメラで体外から測定し、その分布を画像にします。これをシンチグラフィといいます。〕

今回受診したのはガリウムシンチグラフィーといい、ガリウム67(67Ga-citrate〔クエン酸ガリウム〕)というラジオアイソトープを含んだ薬剤を検査の2日前に注射して、67Gaが腫瘍や炎症に集まる性質を利用して、全身及び各部位の病巣の有無・進行状況を調べる検査。

今回はシーメンス製の機械(全身映像)と東芝製の機械(SPECT像)の2台で撮ったが2台に交互に乗ると造りの違いがはっきり分かる。
シーメンス製の方は造りがアバウト!
固定されたガンマ線検出器(コリメータ)の下を診察台が動くのだがその動作がぎこちなく音も「キコキコ」いってて『大丈夫かなぁ』って感じ。
挙げ句の果ては肘の皮膚を少しつままれた感じで痛かった。
それに対し東芝製の方は動作音も静かで『さすが国産』と言う感じ。

私の行っている病院にはもう1台東芝製のデジタルガンマカメラがありこちらは全身映像と全身断層像(SPECT)が1台で出来るし、検出器自体が動いていくのですごく楽、多分こちらの方が高価なんだろう。

保険点数計算票を見てびっくり、なんと5950点!
1点が10円だから59,500円 3割負担で17,850円/1回
支払いは今月2回目なので全額公費負担でした。
MRIも高価な検査というのは聞いたことがあるが管理人は受けたことがないので1回いくらなのかは判らない。

認定されているから良いようなものの、こんなに高い検査を補助無しで年に3回も受けていたら堪りませんね。
毎月の薬代を含めても受給者証のありがたさを再認識させてもらった。

結果は来年の診察時にわかるとのこと。
また来週はCTだ、この検査はいったいいくらなんだろう……

下写真はRI装置の例(東芝GCA-9300A/UIトリプルヘッド、SPECT専用装置)
20041215_1.jpg

通院

今年最後の主治医診察で病院に行って来た。
診察は終わりなのだが検査がまだ2つ(RIとCT)が残っているため、明後日と来週に病院に行かなくてはならない。

結論から言って薬の減量はなかったのだが、X線映像は自分が見ても判るくらい陰影が薄くなってきている。
このまま継続して減っていけば良いのだが………
過去にもこんな状態で減量したとたんリバウンドが起きたことが何度もあったので今回はリバウンドが起きないことを祈るのみである。

7回忌法要

今日は母親の命日で、7回忌法要を行う。
今年は年初に父親の法要をやったので2回目である。

内輪でやるので出席は我々夫婦と妹夫婦のみ。
これが終われば一段落である。

天気が良くて良かった。

しわす

12月になったら急に寒くなってきた。
ほんの数ヶ月だが呼吸器系の病持ちにはやな季節がはじまる。

早く暖かくなってくれないかな。
なんて今から言ったら鬼が笑うかも

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。