現在の閲覧者数:

Gut's Notebook

ぐ~との雑記帳です。日々の生活や趣味の話、その他もろもろ気が付いたことを書いていくます。ってマメに更新できるかなぁ…(大汗)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏祭り

我が町の夏祭りである。

駅前の目抜き通りを通行止めにしてそこに出店やら出し物など。
どこにこんなに人がいたのかと思うほどである。
駅のコンコースより
20060730200837.jpg


出店はこんな感じ
20060730200849.jpg


日野自動車の工場もあるため毎年駅前にパリダカ走行車が展示される
20060730200952.jpg

今年展示されていたのは RISING RANGER '96グラナダ・ダカールラリー カミオン部門優勝車 であった
(特別出演:遠路はるばる駆け付けてくれたSさん一家である、感謝)

夜になると駅前広場はこんな感じになる
一番上の写真の風船人形の位置関係から分かるように駅前ロータリーの反対側から駅舎を写した写真です(三脚を持っていかなかったのでぼけずに撮るのに苦労しました、以下の写真全てに言えます)
20060730201010.jpg


引き物の中にはこのような山車も人々の間を縫うように引き回される
20060730201028.jpg


夜の出店はこんな感じ、20時を回っているのに人通りもすごい
普段は20:00辺りになると閑古鳥が鳴いている通りが……である(笑)
20060730201049.jpg


車は完全に閉め出し(当たり前)されているためファミレスの駐車場もこの通りビーチパラソルの花が咲き、休憩場と化している。
20060730201059.jpg


今年はまだ梅雨が明けず曇り空の下夏祭りが行われたが、例年は真夏の強い日差しの下で行われる。
また、昔は打ち上げ花火も行われたものだがここ数年花火は中止されてしまった。
これは少々残念な所である。
しか~~~~し、我が町は一体いつからこんなに人が多くなったのであろうか。
夏祭りの度に考えてしまう。
スポンサーサイト

大被害

先日(07/15)の東京地方を襲った雹(ヒョウ)で思わぬ所に被害が出ていた。

それは庭のブルーベリー
ラビットアイ種なのでこれから熟すに連れてウサギの目のように真っ赤になる…
これを楽しみにしていたのだが…

ブルーベリーの果実は雨に弱い
ましてやあの雹にはひとたまりもなかった

これが雹の1週間前に撮った写真
20060720000538.jpg


で、同じ所を撮ったのがこれ(07/22)
20060723161922.jpg

見事に赤くはなっているのだが、傷だらけ
おまえ数が半分近くになってしまっている。

傷に弱い種類だから、このまま熟すかどうか非常に心配である。
豊作だっただけに残念。

ところがタケノコは元気
また2本生えてきていた。
20060723162205.jpg

医者分析

今日は画像なしで、管理人ま~の周囲を取り巻く医者について観察
全てB医大付属病院

内科(呼吸器科) Ka医師:
 ま~の主治医である。もう5年くらいのおつき合い。
 情報はよく説明してくれる、但し投薬の時は必ず『どう思います?』って聞く、何を言っても分量は変わらないんだから『今回はこれだけね』ってすんなり言ったらどう(笑)

内科(呼吸器科) Ko医師:
 元主治医、ま~の病気の権威でもある。ただ、気管支鏡検査の時に目隠しされて寝ている患者(ま~)の頭越しに若い医師を怒鳴らないで~~
 その度にま~の血圧が跳ね上がる(笑)

皮膚科 T医師:
 軽い、あくまで軽い。入院中にちょっとお大きめの湿疹が出たので見て貰いに行ったら…
 『そこの診察台に横になって』『??』
 『ハイ取るからね』『いで!』
 『おしまい』いつもこんな調子

外科 I医師:
 BJばりのクールな医師。多くは語らない。
 男は黙ってすっぱぁ~~~~~~

麻酔科 M医師:
 手術前のインフォームドコンセプトで、事細かになんと3時間もかけて麻酔のことを話してくださった。
 外科手術時の陰の主役である。
 手術中止は執刀医かと思っていたが、以外と担当麻酔科医師から中止指令が出ることも多々あるそう。

眼科 Su医師:
 ほの暗い眼底検査室にて細面でメガネをかけた姿
 ちょっと恐いっす(笑)

耳鼻咽喉科 Si医師:
 先生、鼻の穴から内視鏡を入れるのはやめてくださいなまし。それ以来どうも左右の鼻の穴の大きさが変わってしまったような気が(笑)

採血室 O看護士:
 鼻歌歌いながら採血針を刺すのはやめてくださいまし。

X線室 Y検査技師:
 急速現像したX線写真を渡してくれるとき必ず『お久しぶりです、お元気ですか?』と聞いてくる。
 元気じゃないから病院に来てるんだって(笑)

医大学生 H君:
 無事国家試験通ったかな?血ガス採るのに上半身シャツ1枚になって汗だくになりながらやってくれたのは君だけだ。
 後で聞いた話だが対患者の血ガス採取は初めてだったそうな…(汗)

こんな先生方の中でもう10年も治療を受けているま~でした。

肺機能検査

今日また病院に行って検査を受けてきた。
今月2回目である。

今回の検査は『呼吸機能検査』
簡単に言ってしまえば肺の機能(大きさ、動き、酸素交換量)を総合的に検査する。
使った機械は『総合肺機能検査システムCHESTAC-8800(チェスタック)』
DSCF2494_L.jpg


今回の検査メニューは
①SVC(Slow Vital Capacity) :『肺活量』→最大吸気努力後にゆっくりと呼出したときの最大呼気量である。簡単に検査でき,最も価値ある肺機能検査値の1つ。
    目一杯空気を吸い込んではき出すだけ。
    基本的な肺の大きさ(肺全体の大きさではない)を計測する。
②FVC(Forced Vital Capacity) :『努力肺活量』→最大努力によって排出された空気の容積を計測する検査である。通常は,肺活量測定において呼気流速度とともに測定される。
    『はい、吸って吸ってすってぇ~~~~~~~~~』
    『はい、そこで思いっきり吐く~~~~まだまだ~~~』
    『はい、また大きく息を吸い込んで~~~~』
    『はい、おしまいです』シンド~~、腹筋が痛くなる(笑)
③FRC(Functional Residual Capacity) :『機能的残気量』→全ての呼吸筋が弛緩している,通常の呼気終末時の肺内の空気容量である。これは,通常1回換気量に近似しているため,生理学的に最も重要な肺気量である。
    写真の向かって左側に大きな箱がありその端からマウスピースがつきだしている。
    それを銜えて2分間呼吸して計測する。
    普段の呼吸と同じ感じでって言われるけど鼻を塞がれているからちょっと難しい。

呼吸機能検査の場合は1回検査してから次の検査を始めるまでに、身体を回復させないとならない。
よって検査している時間よりも身体を回復させている時間の方が長い。
この間はずっと検査技師との雑談。

いろいろ検査を受けているが一番技師と会話を行う検査である。

庭のタケノコ

ちょっと多忙で家を暫く空けていたら…
なんと
庭のど真ん中にタケノコが生えてきた
20060720003511.jpg

写真には写っていないが向かって右側に竹(孟宗竹)の親株がある。
そこから約1.5m地下茎を延ばし庭のド真ん中に(爆)
目一杯存在を主張していたのだが、残念ながら後退去して頂きました。
今年はタケノコがたくさん生えてきた。
既に10本以上切断している。

それと、庭のブルーベリーが大きくなってきた。
種類は『ラビットアイ種』
20060720000538.jpg

品種名は『マイヤーズ』
大粒で甘みが強いのが特徴。

もう1枚は大きくなったブルーベリーの木
種類は『ラビットアイ種』
品種名は『ホームベル』
20060720000817.jpg

こちらの方が少々小粒だが数が取れる。
ブルーベリージャムを作るのにはもってこいの種類。

まだ収穫には1ヶ月近くかかるが、今年は豊作になりそうな予感。

ブルーベリーには目に良い成分がたくさん含まれているからしっかり食べて老眼防止に励まないと(笑)

ラジオアイソトープ

先日撮影したRI(ラジオアイソトープ)検査の結果を聞きに病院に行って来た。

今回の写真はこれ
20060714032352.jpg


で、比較のために2002年に撮影した写真がこれ
RI(2002).jpg


RI検査というのはGa67という放射性同位元素を体内に注射し、48時間置いて(Ga67が発する放射(γ)線を)撮影すると、疾患が活動している部分にGa67が集積し黒く映る。

赤矢印で差している辺り(右肺中部)を比較して見ると、2002年の写真は黒い陰が浮き出している。
それに比べ今回の写真は同じ位置(赤矢印)が白くなっている。

と言うことは……
良くなってきてるんじゃん

アナログ配電盤

こんなものも作ってしまいました。
あるアクアリストより『ジ○レ▲のタイマーが壊れて煙りが出た。危うく火事になるところだった』とのことで作らせていただくことになったのがこれです。

20060712012847.jpg

電子機器を全く使わないアナログ仕様の配電盤です。
これは先方の強い希望(電子タイマーは使わないでくれ)からきてます。

これが外形
20060712012934.jpg


イメージ的には住宅建築現場で作業用の電源を取るのに使われている箱です。
アクア用にはもってこいなのが防雨仕様なので、多少の飛沫には耐えられると言うこと。

今回はこの箱にアナログタイマー4回線とタイマーを経由しない出力1回線を漏電遮断機を挟んで入力(家庭用コンセント)から電力を取得できるように製作しました。

この大きさだときちきちで、部品が配置ボードからはみ出しそうになっています。
20060712014245.jpg


納入先ではこれを2セット使い大型のメタハラをアナログ制御しています。

軽薄短小の時代ですが質実剛健のこんなのがあっても良いのではないでしょうか。
ちなみにこの方の水槽は180*90*60だったような記憶が……


それから、
我がHPのDIYコーナーにDIY展示品専用の問い合わせ窓口を設置いたしました。
ただし、DIYネタ以外のことや各法律に抵触するようなことに関しては返答致しかねますので予めご了承ください。

要冷蔵

何気なしにK○R○N一▲搾り樽生のボトルを眺めていたら…
『要冷蔵』の文字が
060708_1215~0001.jpg

あわてて冷蔵庫に
ビールって常温保存が可能だったんじゃなかったっけ

りゅ~さんへ
 ごめんなさい手違いで消してしまいましたm(_ _)m
 よろしかったらもう一度カキコお願いします。

おしらせ

このBlogを見てくださる方に
ここのところアダルトサイト系からのカキコが極端に増えてきてしまいました。
BlogのURLがどこからか流れてしまったのかもしれません。
アダルトサイト書込対策のため一時投稿は承認制とさせていただきたく存じます。

ご迷惑をおかけいたしますが諸事情をご了解いただきよろしくお願い申し上げます。

管理人 ま~

ケータイアップデート

今日携帯電話キャリア(au)からDMが来ていた。

表紙には「重要なお知らせです」との記載
DSCF2487_L.jpg

この手の葉書は機器の故障あるいは無償修理が常である

案の定中身は『以下の事象が発生することが確認されました』と書いてある。
要するに内蔵されているプログラムに瑕疵(Bug)があってそれの対応をします。
ということである。

以前であれば電話機をShopに持ち込んでの修理であったがこのごろはデータ通信で修正プログラムをダウンロードして勝手に更新してしまう機能『ケータイアップデート』がある。

これがアップデート中の写真
DSCF2486_L.jpg

この間は何も出来ない。

今回のアップデートは大変長い時間がかかった。
よほどの問題だったのであろう。

しかし2台連続してアップデート
よほどBugに好まれているような気が

なみこん分裂終了

なみこんの増殖が終了した。
ついでにシーケンサも2台増殖
メタハラも2台増殖
これだけの一気増殖はなみこんを作り始めて始めてである
14~18.jpg

未だに試行錯誤が続いているため、パネルのデザインや色彩がみな違っている。
中身は全て同一部品で組み立てている。

これだけ作り込むとイメージはほぼ固まってきてなみこんは中央の1台
シーケンサは上の1台のデザインで今後は進んでいこうと思う。

あとは、パネルの金属加工を如何に効率的に行うかが生産性向上の鍵となりそうである。

パネルのデザインと内部機器配置のパターンが出来たので今後はもう少し納期を縮められそうである。
が、
プログラムも含めもう少しのブラッシュアップが必要か…

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。