現在の閲覧者数:

Gut's Notebook

ぐ~との雑記帳です。日々の生活や趣味の話、その他もろもろ気が付いたことを書いていくます。ってマメに更新できるかなぁ…(大汗)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーボードが…

ま~はワイアレスキーボードを使ってる。

ここのところキーを押しても上手く反応(画面に表示されない)しなくなってきたので、電池の消耗だと思って乾電池を交換した。

そして無事に完了……

ならばBlogネタにもなんにもならない(笑)
blogネタになったのは

電池交換の時にキーボードをひっくり返したら何か中から『カラカラ』言う。

あまり気にせずに電池を交換して暫く経ったら

なんか焦げ臭い
ま~家は過去に火災に遭っているのでこの手の臭いには敏感である。
部屋を飛び出して階下に
ま~家で火を使うところは仏壇の蝋燭しかない。

ところが、蝋燭に火はついていない焦げ臭くもない
不思議と思いながらもPC前に来たら…

焦げ臭~~~い

後は四つんばいになって臭いを嗅ぎまくっているま~が其処にいた(笑)
原因は先ほど電池交換したキーボード
裏蓋を開けて調べてみたらキーボード内の電子機器基板が焦げている
原因はこれだった。
『カラカラ』いっていたのが多分金属片か何かで、それがに基板に挟まりショートしたものだと思う。

結局キーボードはとなり近所のPCShopに新しいキーボードを買いにいくハメに…
カネが無いっちゅうのにぃ

下が新しい方
懲りずにまたワイアレスキーボード&マウスである。
20061001204633.jpg

キー配列が微妙に違っているので馴れないウチは使いにくい
今までのキーボードがコンパクトキーボードだったので、そちらの配列が違っていたのだが……慣れはコワイ

しかし、時代の進歩は早いものでキーストロークがちょっと足りないかなと思うが格段に使いやすくなっている。
マウスからもボールが消えてLEDがついてる
スポンサーサイト

さびチェジ

アクアリスト…特に海水魚アクアリストは塩水を対象としているためサビとの戦いになっているのではないでしょうか

特にキャビネットのヒンジなどが塩水を被ってしっかりと真っ赤になっているのでは(笑)

『ま~』の水槽も例外ではなく、アルミ・ステンレス(これも種類によっては錆びる)以外のスチール製品はしっかりと赤茶びた錆に覆われてしまってます。

このまま放っておくと錆が内部にまで回り最悪穴が空いてしまったり壊れたりしてしまう、見てくれも悪い

じゃじゃ~~ん

そこで登場するのが、この『さびチェンジ』
20060924221413.jpg


この製品は錆と化合して特殊な皮膜を形成し錆の進行を防ぐ、と言ううたい文句。
難しい化学式などは横に置いて置いて早速使用

箱画のとおり白い水溶性の液体である(ちょうど水ワックス状)
これを附属している刷毛で錆部分に塗っていく(箱画参照)
そして暫く乾燥させると、塗った部分の錆が化学反応を起こして青黒く変色
表面は透明ニス状に光沢を放つようになった。
塗装サンプルとしてサビさせてしまったノコギリを使ってテスト
20060924222011.jpg

説明不要、結果はこの通りである。

但し、摺動部分は前もって5-56等を吹き付けて保護しておかないと動きが悪くなってしまう。

ま~家の水槽回りの鉄製品は全てこれで保護したのは言うまでもない。
これは錆止め処理後の水槽扉のヒンジである。
20060924230824.jpg

ぴかぴかに黒光りである

ただ、惜しむらくは『スチール製品にしか反応しない』と言うことである。
真鍮製品やダイカスト(亜鉛合金)には全く反応しない。

真鍮製品やダイカスト製品には『黒染液(真鍮用)』などとして売られている薬品を使う事で同じ効果を得られる。
20060925214416.jpg

但しこちらは塗布後洗浄・乾燥するとつや消しの黒となる
サンプルで染めたものがこれ、同じダイカストパーツで左が処理後、右が処理前
20060924230707.jpg

これも説明するより絵を見て貰った方が判りやすいと思う。

黒染めに関してはこのBlogネタのために久しぶりの実験だった。

体脂肪率

久しぶりに体脂肪計に乗ってみた。
結果は……結構嬉しい数字が出てきた。
20060912230600.jpg

ついでにBMI値も
BMI.jpg


ここのところ仕事がハードで毎日終電に近い状態だった。
オマケに昼飯も食べられない時も度々
体が軽いな~~~って感じていたらここまで脂肪を消費していた(笑)
でも思ったほど体重は減っていない。

ただ、この数字は一時的なもので仕事が一段落付けばまた元に戻りそうな予感。
でも、下の小窓の数字がちょっと嬉しい気がしないでもない。
この数字を維持できるように頑張ろうかな~~なんて思える数字だ

と、こんな画ばかりではそれこそ見てくれる人も居なくなってしまうと思う。
口直しの1枚
キッチンから見たリビング(本)水槽のご紹介。
20060912231408.jpg

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。