現在の閲覧者数:

Gut's Notebook

ぐ~との雑記帳です。日々の生活や趣味の話、その他もろもろ気が付いたことを書いていくます。ってマメに更新できるかなぁ…(大汗)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みるく急逝

可愛がっていたオカメインコ(シナモンパール)の『みるく』が急逝した。

原因は不明
逝去当日朝は元気に騒いでいたのだが、夜餌をあげようとしたら
口から粘っこい粘液を出してうずくまっている。

以前(8月)同じような症状を発症し動物病院に連れて行った。
その時の診断結果は『ソノウ炎』
鳥特有の病気で何らかの原因でそのうに細菌が増殖し、そのうが炎症を起こす病気。
幼鳥時代に発症した場合は絶命することも多いとのこと。

その時は抗生物質ともう1種類の飲み薬の処方を受け症状が回復したのだが
今回は土曜日、それも夜間であったため病院にも連絡が取れず最悪。
行きつけの動物病院は日曜日でも急患の場合は診てくれる。
ただ、夜間診療はしてくれない。
よって何とか翌日朝まで持たそうと徹夜覚悟でそっと手のひらに抱き上げたら……
呼吸が遅い!おまけに体温も下がっている!ヤバい!
あわてて携帯カイロの袋を破って保温とともにマッサージ
カイロが暖まってくると徐々にだが呼吸も速くなり、弱々しいが『ぴぃ』と声も出せるようになってきた。  
が…
そこでまた急な全身痙攣
そしてまた呼吸が遅くなりと一進一退の繰り返し…
素人が見てもヤバイ状態だと判る。

朝までの辛抱だ!頑張れ『みるく』!

何とか朝まで持たせようと身体のマッサージを数時間繰り返していた。
そして…翌日未明の午前1時35分、嘔吐を伴った最後の強い全身痙攣

そして………………………………………弱々しく『ぴぃ……』

の一声を残し、看護の甲斐もなくま~の手のひらの上で静かに心停止
飼っていた生き物の死には何度も逢っているが、自分の手のひらの上で最後を看取ったのは今回が初めて。
ショックである。

さぞかし苦しかったろうに…辛かったろうに…
もっと早く気が付いていれば…
夜でなければ…(涙)


最後のお別れに嘴に付いた吐瀉物をきれいにふき取り、目を閉じて、羽並みを整えてあげて
庭の一角に小さな穴を掘り、そこに巣材を敷いてその上に『みるく』の亡骸と生前よく遊んでいたおもちゃと餌を一緒に入れ小さなお墓を作ってあげた。

さよなら…みるく(激涙)

墓標には枝振りの良かった枝サンゴを置いてあげることにした。

悲しいことではあったが、自分の手のひらの上で『みるく』の最後を看取ることが出来ただけでもまだ幸せだったと思いたい…


何かの縁有って私のBlogに来て頂きこの記事を読まれた方々にお願い致します。
ほんの数分…いや、ほんの数秒で結構ですので故『みるく』の冥福を祈ってあげてください。
この世に生を受けてからたった半年で短い命を閉じてしまった『みるく』のために…………うぇ~~ん
故みるく

スポンサーサイト

コメント

お悔やみを申し上げます・・・。
実は私も最近オカメインコを飼おうか考えていました。
結局は今の生活リズムがメチャメチャな事と、幼児もいるという事で断念しましたが・・・。
懸命の介護にもかかわらず亡くなってしまうとは・・・お心察するに余りあります。
みるくちゃんのご冥福をお祈りします。
そういえば、12月に自家採集に行こうかと話していましたが、
お互い忙しくて難しいみたいですね・・・。
私も空いてる日って大晦日しかありませんし。

  • 2007/12/16(日) 03:05:18 |
  • URL |
  • イェーガー #-
  • [ 編集]

ご冥福をお祈りいたします

ウチの店の近所に夜間でもやってるとこありますよ。
http://www.8699.jp/index.html
魚はダメらしいけど鳥ならOKかと・・・・。

  • 2007/12/16(日) 10:52:33 |
  • URL |
  • うまごや. #-
  • [ 編集]

かわいく楽しい動物飼育ですが一番つらい出来事ですね(ノ_・。)
ですが大好きなご主人様の手の中で亡くなられたことはみるくちゃんも幸せだったことでしょう(ノ_・。)
心からみるくちゃんのご冥福をお祈りいたします。

  • 2007/12/16(日) 15:01:50 |
  • URL |
  • かわはぎ #-
  • [ 編集]

みるくちゃん~~~(〒_〒)
ご冥福をお祈りします。
そうだったんですね。。
私も手のひらで命を見とったことがありますが
最後に1人で逝かせないで一緒にいてあげられて
良かったと思う気持ちと
でもそれとは別の。
ただただ悲しみと寂しさはやっぱりぬぐいきれませんよね
みるくちゃんは、ま~さんやご家族に愛されて
きっと幸せだったことと思います
ま~さん、元気だしてくださいね

  • 2007/12/17(月) 14:26:03 |
  • URL |
  • ヨシ #z8Ev11P6
  • [ 編集]

何とも・・・「みるく」ちゃんの
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。
グスン。。。何だか読んでいて
私も悲しくなってきてしまいました。
生き物が亡くなるのって本当に寂しいですよね。
でも「みるく」ちゃんはま~さんのところで、
大切に育てられて幸せだったとことでしょう。
どうぞま~さんも元気を出してください。

  • 2007/12/17(月) 12:06:37 |
  • URL |
  • JJ #7iayUQJQ
  • [ 編集]

とっても残念でしたね。
コメントを書こうかどうか迷いましたが
結局書かせていただきました。
僕は以前飼育しておりましたハムスターで同様の
体験をしましたが、
願い届かず命の灯火を消してしまったときの寂しさは相当だと思います。
みなさんもおっしゃってますが、ま~さん一家の愛をたくさん受けて、家族の一員になれたことを
きっと喜んでいますよ。
ま~さんも、気を落とさず、元気を出してくださいね。

  • 2007/12/17(月) 21:08:40 |
  • URL |
  • こぼちゃん #-
  • [ 編集]

心よりお悔やみ申し上げます

家族の一員であるペットが亡くなるのは、とても辛いし悲しいですね。
心情お察しします。。。
飼い主の手の中で暖めてもらい、マッサージしてもらい、みるくちゃんの気持ちは嬉しかったと思います。
日曜日の夜間、動物を飼育しているものにとっては辛いですね。
市内や近郊に24時間救急受付をしてくれる動物病院が出来るとありがたいです。

  • 2007/12/18(火) 15:01:47 |
  • URL |
  • あんママ #jT11VKDM
  • [ 編集]

みなさんありがとうございました

イェーガーさん>
 オカメインコには突然死があるそうです。
 今回は曜日といい時間帯といい最悪の事態でした。
 昼間ならばまだ何とかなったのではと後悔しきりです。
 12月はわさわさしているうちに半分過ぎてしまいました。
 来年行きましょう。
うまごやさん>
 情報ありがとうございました。
 今回はたぶん連れて行ってもだめだったと思っています。
 次回こそ(って今のところ予定はしていませんが)は頭に入れておきます。
 ありがとうございます。
かわはぎさん>
 たしかに鳥かごの中で逝ってしまうよりは良かったかなと思っていますが…
 その分つらかったです。
JJさん>
 この記事書こうかどうか悩みました。
 でも昔動画を載せた経緯もあったので思い切って書くことにしました。
 
ヨシさん>
 ヨシさんも経験ありですか。
 暫くは何にもいえませんでした。
 つくづく娘が寝ていて良かったと思っております。
 
こぼちゃんさん>
 ハムスターを含むネズミ族は寿命が短いですからね。
 その分悲しむ回数も多いのではないかと。
 それで、鳥を飼っているのですが…
 悲しいのは同じですよね。
あんママさん>
 ありがとうございます。
 いまだに絶命直前の鳴き声が耳から離れません。
 鳥の場合は突然死があるのは理解しているのですが…
 自分の手の上で逝って体がどんどん冷たくなっていくのを見ているのはたまらなかったです。
 うまごやさんから24時間救急の動物病院を紹介してもらいました。
 ただ…隣の県なんですけど(汗)
 以前永年飼っていたオカメインコが逝った直後にカミさんのお腹に子供(娘)が宿りました。
 娘は…なんと酉年なんです。

  • 2007/12/18(火) 18:25:29 |
  • URL |
  • ま~ #jYbOzkUY
  • [ 編集]

お気持ちを察します

44AUTOMAGです。
お気持ちを察します。
自分もセキセイインコのピーコを飼っています。
2代目です。
初代は、人間の食べ物を口移しで食べさせ、可愛がったつもりが、初代ピーコには迷惑な話・・・
勉強もせずに可愛いからと飼っただけの無責任な人間でした。
初代の死に目には、自分が立ち会いましたが号泣です・・・・。
生き物は人間も含めて責任を持ってつきあう必要がありますね。

  • 2007/12/19(水) 17:34:36 |
  • URL |
  • 44AUTOMAG #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gutnotebook.blog95.fc2.com/tb.php/100-3f04aa23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。