現在の閲覧者数:

Gut's Notebook

ぐ~との雑記帳です。日々の生活や趣味の話、その他もろもろ気が付いたことを書いていくます。ってマメに更新できるかなぁ…(大汗)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅小路に行って来た

先日偶然にも仕事で大阪出張の用があり、そのついでに念願であった梅小路蒸気機関車館に行ってきた。
今回は写真主体でお送りしようと思う。

梅小路蒸気機関車館は1972年10月10日、日本国有鉄道により日本の鉄道開業100周年を記念して京都市下京区にある梅小路機関区の扇形庫を活用して開設された。
梅小路蒸気機関車館には、全部で18両の蒸気機関車を保存しています。動態保存車両は7両あり、そのうち5両は現在も車籍がある。
今回はその中の数両を紹介したいと思う。

これが梅小路蒸気機関車館の入り口(旧二条駅舎)
梅小路蒸気機関車館

これが蒸気機関車を保存・展示している扇形庫
梅小路扇形庫

今月のスチーム号の牽引機関車はこれ
大正時代からの生き残りであるが元気に煙を吐いていた。
8630.jpg

動態復元されたミニ機関車B20-10号機も威勢良く転写台の上でくるくる回っていた。
B20-10.jpg

これがC61-2号機と共に屋外展示されているC62-1号機
雨ざらしのため少々可哀想。
C62-1.jpg

また、この施設自体が、現役の車両基地(梅小路運転区)であり、蒸気機関車や嵯峨野観光鉄道所有のDE10形ディーゼル機関車の検査・修繕も行なわれている。
と、引っぱっているが
やはり目的はこれ
C62-2スワローマーク

スワローエンジェル C62-2号機である。
デジカメとデジビデを両手に持って撮りも撮ったり写真380枚、ビデオ1時間
その中から数枚であるがC62-2号機の細部写真を。
まず正面
C62-2正面

これが背面
C62-2背面

次は左側面
C62-2左側面

そして右側面
C62-2右側面

ちょこっと拡大して空気圧縮機
C62-2空気圧縮機

モーションプレート
C62-2モーションプレート

先輪廻り
ディアゴさんの先台車のイラストとはなんか違いますね~
これだと完全にまねできないにしても、模型の方を少し改造しないといけないですね。
C62-2先輪

ブレーキ
C62-2ブレーキ

などなど。
書き出したらきりがないので、これ以外の写真はBlog C62-2制作記の中で徐々に紹介して行きたいと思う。

そして翌日
これもかねてから乗りたかった車輌
JR東海キハ85系『ワイドビューひだ』である。
京都口には3両編成のかわいい特急で入線してきた(写真は米原駅で撮影)
名古屋より先頭車はキハ85-100番台 貫通型先頭車両である。
岐阜駅で名古屋からの編成と連結して飛騨高山に向かう。
ワイドビューひだ3号車

大阪より先頭車はパノラミックウィンドウのキハ85-0番台
ワイドビューひだ1号車

新婚当時富山から高山経由で名古屋に抜けたときがあった。
その時乗った車輌はこの形式の1つ前の形式であるキハ82系
このところ新幹線や飛行機や在来線特急でも比較的新しいE257系等には乗っていたが、DC特急形
車輌は結婚以来、ン10年ぶりである。
やはり電車では味わえないDC独特の走行音は良いモンですな。

しかし、打ち合わせ仕事で大阪に行ったものの、打ち合わせの内容はほとんど覚えていない
メモも取っていなかったことを後で気がついて、大汗をかいてしまったのもまた事実。
気持ちは完全に梅小路へと飛んでいってしまっていた。
丸2日間鉄道+αで楽しみまくってきた。
いやぁ良い思い出になった。

心地よい疲れでN700系新幹線の車中でウトウトしていたら
『長らくのご乗車ありがとうございました。まもなく東京駅に到着致します』の車内放送が…
その瞬間現実に引き戻されてしまった。
仕事しなきゃ…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gutnotebook.blog95.fc2.com/tb.php/108-fabed55f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。