現在の閲覧者数:

Gut's Notebook

ぐ~との雑記帳です。日々の生活や趣味の話、その他もろもろ気が付いたことを書いていくます。ってマメに更新できるかなぁ…(大汗)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てっぱくにも行ってきた

今日彼女と連れだって『てっぱく』に行ってきた。

それは埼玉県さいたま市(大宮)にある。
我が家から電車で約1時間。
てっぱくOpen当初、来年の春休み中に行こうと話していた。

JR大宮駅からニューシャトルで1駅
駅名はそのものズバリ『鉄道博物館』駅
駅からは全く濡れずにてっぱくコンコースまで行ける。
コンコースにはモニュメントが
モニュメント台車


モニュメントD51

など
エントランスはあんまり飾り気がない。
鉄道博物館エントランス

入場券の情報はSuicaに書き込む。
当然Suicaからの引き落とし。
Suicaを持っていない人は窓口で入場専用ICカードのレンタルを受ける。
てっぱくの入り口はもちろん自動改札にSuicaをた~~~~っち
鉄道博物館入り口ゲート

入って一番の感想、半月前に梅小路を見てきてしまったからだろうか…
『以外と小さい』

中はいくつかのゾーンに別れている
やはりメインは『ヒストリーゾーン』
36両の実物車輌が所狭しと並べてある。
鉄道博物館展示室

この中からいくつかを
まず目玉であるC57135号機
日本で最後に旅客列車を牽引したことで有名な蒸気機関車。
真ん中のターンテーブルに鎮座している。
C57135.jpg

C62を作っているからか細かいところを見ていたら()な所も…
これは後ろで書こう。

続いてクモハ40型電車
クモハ40

こいつは懐かしい。
ま~が高校時代に毎日乗っていた電車である。
当時青梅線はモハ73系のオンパレード。
その全部がこの茶色で通称『カリントウ電車』であった。
八高線も電化されておらず、D51やC58が行き来していた。
オレンジ色の101系がまばゆく映ったものだ。
国鉄

こんな車内広告もあったなぁ。

これはナハネフ22
言わずとしれたブルートレインの最後尾に連結されていた寝台車である。
ま~が一人旅しだした頃はこの後継車輌の14系寝台がデビューしていたので、この20系寝台は後に「銀河(現廃止)」ではじめて乗った。
ナハネ21

客車寝台特急は味があったのだが、現在の東京口では「はやぶさ/富士」の混結編成1本のみ。
食堂車も連結されていない。
時代の趨勢と言っては何なのだが、寂しくなったものだ。

比較的新しい車輌以外は大半が(お茶の水の)交通博物館からの移設ものだが、これは青梅鉄道公園からの移設もの
C515
C515.jpg


ただ、全般的に埃が被っているようだったのはちょっと残念だった。

で、これは日本最大のHOゲージジオラマ
大HOレイアウト

入るのには30分以上の待ちが必要である。
レイアウト待ち行列


待ちくたびれてお腹も空いたのでレストラン『TD』へ
TD」とは食堂車の記号のことである。
ちなみにグリーン車は「TS」である。
レストランTD

食べたのはこれ…つっても食事メニューはこの2つだけ。
これにドリンクバーを付けて\980.-…う~~~ん
これでは腹一杯にならないな~
ちなみにてっぱくのい中には日本食堂もレストランを出していて、そちらは昔の食堂車のメニューを再現しているそうな。

で、先ほど振っておいたC57135の細部だが、
下の写真を見て欲しい
蒸気機関車の各部品には車番と左右の刻印が入っている。
じっくり見てみると…
これや
C57135モーションリンク

これ
C57135左第1動輪

モーションリンクの一部の部品には「D5160それもR(右)」の刻印
はたまた左第1動輪には「C57118」の刻印が…
廃車パーツを流用したのだろうが、せめて刻印は変えて欲しかった気がする。

そんなとこで…え?彼女?
ンじゃちょっとだけ
彼女

なはは…娘でした。
スポンサーサイト

コメント

鉄道博物館、行きたいなぁ。
御茶ノ水のが無くなってしまい、思い出の場所が無くなった寂しさと、あのHOゲージのジオラマが見たいという思いから、いつかは行きたい場所として、上位にランクインしている場所です。
ま~さんの説明があると、何気に通り過ぎてしまうような場所とかも、関心しながら見学できそうなので、一緒に行きたいと思ってしまいました。

  • 2008/04/07(月) 23:07:37 |
  • URL |
  • こぼちゃん #-
  • [ 編集]

こぼちゃんさん>
 交通博物館と違って鉄道関係以外の展示物はまったくなくなってしまいましたけど、
 それなりには面白いところですよ。
 HOジオラマはさすがに立派でした。
 ただ、入るのに1時間近く待つのはねぇ

  • 2008/04/08(火) 12:45:55 |
  • URL |
  • ま~ #jYbOzkUY
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gutnotebook.blog95.fc2.com/tb.php/111-cf951728
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。