現在の閲覧者数:

Gut's Notebook

ぐ~との雑記帳です。日々の生活や趣味の話、その他もろもろ気が付いたことを書いていくます。ってマメに更新できるかなぁ…(大汗)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帯状疱疹になった

GW終盤頃から背中がやけに痛痒いと思い、触ってみたら赤い発疹が出来ていた。
虫さされかなんかだと思い放って置いたのだが…

できたのはこんな発疹
帯状泡疹
汚い背中でごめんなちゃい
増えるわけでもなく暫く置いて置いたが治らない。

昨日持病の定期通院で主治医の診察を受けた時、
聴診器を当てる前に一言『ぐ~とさん背中のこれ、いつ出来た?痛くない?痒くない?帯状疱疹じゃないかな~』と。
主治医は呼吸器科なので、診察が終わったあと同時受診していた皮膚科で話をしたら、
発疹を見るなり『帯状疱疹ですね。子供の頃水疱瘡をしましたよね、ここのところ何かストレスありましたか?』と意外な質問を受けた。

水疱瘡?小さな頃にやった記憶があるし、一度罹ると免疫が出来て二度と罹らない…と言うことも知っていたので皮膚科の先生に、
「水疱瘡は子供の頃に罹り、その後は免疫が出来て二度と罹らないと聞いていますが?またストレスとは?」と質問したところ、
『帯状疱疹は水痘帯状疱疹ウイルスが原因で引き起こされる病気です。このウイルスは、子供のころ、水痘を発症させた後、体内(神経節)に潜伏し、過労、ストレス、体力低下、免疫低下を伴う病気の合併などを誘因として、再び帯状泡疹として発症してくると考えられています。20歳代と50歳~60歳代に比較的多く、年々増加する傾向にあります。』との解説。
それと『帯状疱疹には特効薬がありますのでそれを処方しておきましょう』と付け加えてくださった。

この言葉の中でやはり『過労、ストレス、体力低下、免疫低下を伴う病気の合併などを誘因として、再び帯状泡疹として発症してくる』と言うところが気に掛かった。
ぐ~との場合ちょっと前にBlogに書いた事だが、このところ色々とストレスや過労が重なっていたのでそれが引き金となったみたいである。
オマケに持病が免疫低下を引き起こす可能性大(あ、決してHIVではありませんので)で、ステロイドや免疫抑制剤を常用薬としているので見事に全部引っかかっている

水疱瘡と違って伝染力は弱い(接触感染だそうである)とのことなので1日休暇を貰い様子を見たあと会社に復帰したのだが、
水疱瘡にかかった事の無い人には伝染する可能性があるためあまり人(特に乳幼児)との接触はしないようにとの注意つきである。
安静にするのが一番良いとのことだが、妙な病気を発症したものだ。

ほとんどの人が水疱瘡はやっていると思うので、ストレスや過労には注意しましょうね。
発症すると猛烈に痛痒いですよ~
身体のどちらか片側に出来るのも特徴だそうです。
でも、発疹の中には水疱瘡ウィルスがわんさかいるそうなので絶対に掻いちゃダメなんですよね。
これが辛い(笑)

治療は坑ウィルス剤の服用で症状を緩和し病気の期間を短縮する方法がほとんどである。
ぐ~との場合も坑ウィルス剤が処方された。
バルトレックス
しかしこの薬…でかいわぁ
スポンサーサイト

コメント

こぼちゃんさん>
 バカ騒ぎ…いいですねぇ賛成!
 だんだん暖かくなってきたし花見にも良い季節だし…ってもう遅いか(爆)
 なんかやりましょうかね。
 やっても良いなぁ~と思うかたはこの頃が良いって希望を含めてカキコしてくださいね。
 
 そういえばこのところ仕事以外では飲みに行ってないなぁ。
 飲みも良いけど、採集行なんてのもいいなぁ…そろそろ泳げそうだし。

  • 2008/05/15(木) 12:52:07 |
  • URL |
  • ぐ~と #jYbOzkUY
  • [ 編集]

ストレスが溜まっていると・・・
そろそろ、みんなで集まって
バカ騒ぎでもしましょうよ~。
しかも、ぐ~さんの呼びかけで・・・
はい、こういうばかばかしいことを言うのが
僕の役目だと思っております。
でも、やったら相当盛り上がりますよね?

  • 2008/05/15(木) 12:07:36 |
  • URL |
  • こぼちゃん #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gutnotebook.blog95.fc2.com/tb.php/117-c481bac3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。