現在の閲覧者数:

Gut's Notebook

ぐ~との雑記帳です。日々の生活や趣味の話、その他もろもろ気が付いたことを書いていくます。ってマメに更新できるかなぁ…(大汗)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

核医学検査受診

病院で核医学検査を受けてきた。

核医学検査とは
〔RI検査やアイソトープ検査とも呼ばれていて、ごく微量の放射性物質(ラジオアイソトープ:RI)を含む薬を用いて病気を診断する検査です。この微量の放射性薬剤が注射などにより体内に入ると、特定の臓器(骨や腫瘍など)に集まりそこから放射線を発します。この放射線をガンマカメラ(シンチカメラ)と呼ばれる特別なカメラで体外から測定し、その分布を画像にします。これをシンチグラフィといいます。〕

今回受診したのはガリウムシンチグラフィーといい、ガリウム67(67Ga-citrate〔クエン酸ガリウム〕)というラジオアイソトープを含んだ薬剤を検査の2日前に注射して、67Gaが腫瘍や炎症に集まる性質を利用して、全身及び各部位の病巣の有無・進行状況を調べる検査。

今回はシーメンス製の機械(全身映像)と東芝製の機械(SPECT像)の2台で撮ったが2台に交互に乗ると造りの違いがはっきり分かる。
シーメンス製の方は造りがアバウト!
固定されたガンマ線検出器(コリメータ)の下を診察台が動くのだがその動作がぎこちなく音も「キコキコ」いってて『大丈夫かなぁ』って感じ。
挙げ句の果ては肘の皮膚を少しつままれた感じで痛かった。
それに対し東芝製の方は動作音も静かで『さすが国産』と言う感じ。

私の行っている病院にはもう1台東芝製のデジタルガンマカメラがありこちらは全身映像と全身断層像(SPECT)が1台で出来るし、検出器自体が動いていくのですごく楽、多分こちらの方が高価なんだろう。

保険点数計算票を見てびっくり、なんと5950点!
1点が10円だから59,500円 3割負担で17,850円/1回
支払いは今月2回目なので全額公費負担でした。
MRIも高価な検査というのは聞いたことがあるが管理人は受けたことがないので1回いくらなのかは判らない。

認定されているから良いようなものの、こんなに高い検査を補助無しで年に3回も受けていたら堪りませんね。
毎月の薬代を含めても受給者証のありがたさを再認識させてもらった。

結果は来年の診察時にわかるとのこと。
また来週はCTだ、この検査はいったいいくらなんだろう……

下写真はRI装置の例(東芝GCA-9300A/UIトリプルヘッド、SPECT専用装置)
20041215_1.jpg

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。