現在の閲覧者数:

Gut's Notebook

ぐ~との雑記帳です。日々の生活や趣味の話、その他もろもろ気が付いたことを書いていくます。ってマメに更新できるかなぁ…(大汗)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水槽用クーラーメンテナンス

先日クーラーが故障してピンチヒッターでLX-110GXを出動させた迄は良かったのですが、
室内に設置すると室温の上下変動が激しく、排気ダクトを付けると今度はクーラーの冷却能力が下がって水温が上昇と『あちらを立てればこちらが立たず』でした。
そこで一旦クーラーを屋外に出したのですが…


クーラーカバーに短い排気ダクトを付けてクーラーカバー内に排気熱がこもらないようにしてみました。
クーラーカバー右側クーラーLX110GX排気ダクト
結果は…

見事に惨敗

ヤッパリだめでした。
水量に比べてクーラーの冷却能力が足りなく室温-5℃をキープさせるのが精一杯。
室温が32~33度に上がったら、水温が27~28℃
これでは生体に良い訳ないですよね。
ミドリイシを1つ白化させてしまいました。

そこで、故障したクーラーを修理に出す前に内部の掃除をかねてダメ元でメンテナンスしてみました。
メンテナンスしたのはゼンスイのZR-180

予め申しておきますが、
クーラーをメンテナンス(分解)するのは全て自己責任で
お願い致します。
メーカー保証期間内の場合は悩まずメーカー修理にしてくださいね。
よってこれからの記事はメーカー保証期間外かつ自己責任と言うことで読み進めてください。

①まずクーラーのエアーフィルターを取り外します。
 もちろんエアーフィルターは掃除機でゴミを吸引後に台所用中性洗剤を歯ブラシに付けてゴシゴシと汚れ落としをします。
内部は埃だらけですね

②クーラーカバーを取り外します。
 ZR-180の場合は裾部分に片側4ヶ所のボルトがありますのでまずそれを外します。
 これでカバーが外れると思ったら、まだ外れないんですよね。
 引っかかっているのは両サイドの取っ手部品。
 これは外したエアーフィルター部分から手を突っ込んで取っ手パーツの爪を押さえるようにすれば外れます。
 私の場合は無理して引っぱったら取っ手蓋の部品を折ってしまいました

 今度こそ外れると思ったら、まだクーラーカバーはうんともすんともいいません。
 どこが引っかかっているのかと思ったら、は上部の給排水管の元ボルト(下側のボルト)でした
 給排水口
 これも取り外します。

 そこまで外してやっとご開帳
正面フィルターを外したところ
 
 と、言いたいのですが…しつこいってだってパズルみたいなのですもの。
 今度は少ししか外れません。
 コントロールパネルとファンモーターや温度センサーへの接続ケーブルが邪魔をしています。
 このケーブルはコネクタ接続になっているのでコネクタを外します。
 無理して引っぱらないでくださいね、ケーブルを切ってしまったらそれこそ修理ものです。
制御基板接続ケーブル部
 黒いコネクタが温度センサーから、白いコネクタがファンやコンプレッサーからの配線です。

そして
ご開帳~~
ケース取り外し後

③内部の掃除を始めましょう。
 埃は掃除機で吸引後に濡れぞうきんでふき取ります。
 あらかたふき取ったところで内部の錆や塗装剥げのチェックをします。
 私のZR-180はラジエターファン取り付けボルトが茶色くさび付いておりまた、ラジエターファン取り付け基台の合金製パーツに塗装剥げが見られました。
ラジエターファン基台塗装剥げ

④錆や塗装剥げの修復。
 さび付いたボルトはそのまま無理に外そうとしても外れません。
 最悪の場合ボルトを折ってしまいます。
 こういう場合はスプレー式のシリコンオイル(CRC-556)が有効です。
 さび付いた部分にたっぷり吹き付けて5分放置。
 その後小さなハンマー(プラスチックハンマーがベスト)で軽く数度叩いてまたスプレーして5分放置。
 ボルトはボルトサイズにあったレンチを必ず使用しましょう。
 決してペンチなどで緩めないようにしたいものです。
 上下にレンチを差し込み騙すように緩めていきます。
 ここで緩まないようならばまたハンマーで叩いてスプレーをします。
 よほど錆びていない限り外れると思います。

 不幸にして外れなかった場合は…そのまま無理せず修理に出しましょう。

 外したラジエターファン取り付け基台は塗装を一旦剥離します。
 これは塗膜と金属の間に錆が進行していますので、上から重ね塗りしただけではです。
 塗装剥離した後新たに塗料をスプレーしておきましょう。

 ついでにファンモーターの軸受け部分にも注油しておくと動作音が静かになります。
 ファンは少し偏芯して付いていたので、取り外して調整したかったのですが固くはめ込んであって外れませんでしたのでこれは諦めました。

⑤ラジエターの掃除。
 ファンを取り外すとラジエターフィンがむき出しになります。
 このフィンも掃除しておきましょう。
 手っ取り早く掃除するにはエアコンフィン掃除用洗剤スプレーが便利です。
 ただ、洗浄水がたくさん出ますので、屋外で行うか下に何かを敷いておきましょう。
 その後中性洗剤を水に溶いて歯ブラシに付けてフィンの目にそって掃除すれば完璧です。
 決してフィンと直交するように歯ブラシを当てないでください。
 フィンは薄いので曲がってしまいます。
ラジエターファン取り外し後
 その廻りの汚れも拭き取ったら、外したのと逆の順で止めて行きます。
掃除後のラジエターファン
 
⑥再組立てと動作試験
 取り外した順番を逆に辿って各部品を取り付けて行きます。
 コネクタを挿し忘れないようにしてくださいね。

 組み上がったら給排水口に短めのホースを取り付けて、中に水を入れ動作試験をしましょう。
 このとき入れる水は10℃以下あるいは35℃以上の水を入れないでください。
 温度異常でアラームが鳴ってしまいます。

 電源をコンセントに入れて暫く待ってクーラーが動作を始めたらメンテナンス終了です。


私の故障はセンサーの異常によって表示(設定)温度が実際の検知温度よりも3℃高く表示されていました。
たぶん修理に出すとセンサーの交換で終わると思いますが、修理代は一体幾らかかる事やら
それがわかったので現在は設定水温を28℃に設定して今のところ問題なく動作しています。
2008728_0802.jpg
(Dr.DACのログデータ)
ログデータでpH値が異常に低いのですが、これはセンサーを交換した後調整していなかったためで実際は+1.0pH程度高いです。

また、ゼンスイ(というかZR-180)の癖なのでしょうか。
外気温が高いと水温を低めに持って行くみたいですね。
1回辺りの温度調整幅は1℃なのですが、1日を通してみると2℃の幅があります。
制御プログラムの問題でしょう。その点レイシー(LX-110GX)は0.5℃の範囲で制御しています。
この辺はやはり値段の差でしょう(ZCならば違うカモです)
また、pH値は照度に関係するものだとばかり思っていたのですが、外気温が関係するみたいです。
(7/29,31 8/1で日中に部屋のエアコンを入れたために室温が下がると連動してpH値も下がっています)
でも、本当かなぁ
スポンサーサイト

コメント

暑い中お疲れ様です。
クーラーもメーカーによってメンテしやすいしにくいってあるんですかね?


ところで私事ですが、水槽がピンチっぽいです。
アクリル水槽なんですがなぜかヒビが入ってます・・・。
なにか応急処置はないでしょうか?
また、買い替えが必要な場合、水槽販売で良い所って知ってませんか?

お知恵をお貸しいただけるとありがたいです。

  • 2008/08/08(金) 00:43:55 |
  • URL |
  • イェーガー #-
  • [ 編集]

イェーガーさん>
 基本的には同じようですね。
 と言ってもレイシーとゼンスイしか開けたことはないのですが(汗)
 コンプレッサーがあってラジエターがあってチラーがあって制御基板がある。
 大同小異だと思いますよ。

 アクリルにヒビですか~
 そのヒビがどの部分にあるかで対応は違うと思います。
 基本的には
 ①アクリル接着剤(二塩化メチレン)を隙間に流し込んで接着する。
 ②アクリル板であて板を作ってヒビ部分に接着する。
 ③アクリルと相性の良いシリコンで補修する。

こんなケースが考えられましたけど、採用案はありますか?

  • 2008/08/08(金) 02:04:38 |
  • URL |
  • ぐ~と #jYbOzkUY
  • [ 編集]

大変申し訳ございません
しばらく更新が無いと思っていたので、チェックを怠っておりました。

で、クーラーメンテですが、構造はどのメーカーのもほとんど一緒みたいですね。
しかし、自分でそこまでやれれば十分すぎると思います。
僕のはメーカー点検に出して、それだけで生き返ったくらいですから、調子悪くなる原因て言うのは案外単純なものなのかもしれませんね。

  • 2008/08/08(金) 23:09:24 |
  • URL |
  • こぼちゃん #-
  • [ 編集]

アドバイスありがとうございます。

とりあえず明日にでもアクリル板を貼り付けて、縁をシリコンで補強するなどの対処をしてみます。

  • 2008/08/08(金) 23:53:18 |
  • URL |
  • イェーガー #-
  • [ 編集]

こぼちゃんさん>
 ちゃっかりと更新してました(笑)
 クーラー自体の構造は大同小異でしょうからね。
 家庭のエアコンは掃除するでしょうから、水槽用のクーラーも同じように掃除すればいいと思いますよ。
 電子回路さえ故障しなければ大丈夫だと思います。

イェーガーさん>
 ちょっと不細工になってしまうかもしれないけど、
 水漏れするよりは良いですよね。
 成功を願っています。
 

  • 2008/08/09(土) 01:38:29 |
  • URL |
  • ぐ~と #jYbOzkUY
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gutnotebook.blog95.fc2.com/tb.php/360-faf2f5b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。